さとみになりたい

婚活からの主婦。ゆるゆる日常。

結婚までの10か月、婚活の全記録

f:id:timetobloom:20170613114030j:plain

 

 

お題「婚活を振り返る」

 

婚活のグループに入っているのに婚活の記事が一つもないのを気にしてます。

めちゃざっくりですが、私は20代中盤で婚活をはじめ一年未満で今の旦那さんと出会いました。

始める前、婚活は大変なイメージだったけどやってみたらとっても楽しかった!

何故なら普通なら出会えない人とたくさん出会えて、その中で自分も少しずつ変わっていけるから。そして、気づいていなかった自分の性格や本当の願いが見えてきたから。

 

婚活で出会った人たちのことを振り返りつつ、当時のことを書き残しておこうと思います。

 

ちなみに、当時の私が結婚相手に求める条件は、ない!でした。

収入も、顔も、身長も、いいに越したことないので(笑)、特に「○○以上~」とかって決めなかった。

では、婚活スタート~。

 

 

婚活一人目:片山さん

8つ年上

医者

年収1000万

身長170㎝

長男

 

お見合いパーティで知り合いました。

のちに分かったのだけど彼は天下の東大卒でした。でも私はなかなか信じられなかった。というのも、片山さんは簡単な漢字が書けなかったり、私にオセロで負けまくったりとあまり賢い印象がなかったから。

そのギャップが面白くて、その辺を突っ込んでちょっといじめると「違うんだって~><」とへにゃへにゃしながら怒るのが可愛かったな。

あと、ものすごく経歴が華やかだったのだけどそういうことを全く鼻にかけない、謙虚で落ち着いた男性でした。

よく二人で読書したり、麻雀したり、唐突にフットサルしたり、城跡を巡ったりと、交際の中身?は充実していた気がする。夜中、地震が起きたときには心配して高速飛ばしてこっちに来てくれたりして優しい一面もあったかな。

結局、彼とは4か月ほどで別れました。

箇条書きにしちゃうけど、

 

・親のことが嫌いで老後は施設に入れると豪語?していた

・手が早い、付き合ったばかりなのにエッチしたがる

・自他ともに認めるケチ

・わたしが彼をあまり好きになれなかった

のが要因かな。

 

わりと早い段階で結婚したいと言われ親にも会わせたのだけど、そこでも気持ちが冷めてしまうことがあって、親との食事会解散後に電話で口論に→そのまま別れました。

 

片山さんとの交際と通して、いろいろ思うことがあったので一瞬だけ悩んでみた。

で、私には結婚相手に求める条件ができました。

 

①自分の親を大事にしている人、親兄弟と仲がいい人

②自分と性の価値観が近い人

 

 

婚活二人目:小山さん

6つ上

公務員

年収400万

身長不明

長男

 

片山さんとの交際終了後、地元で評判のいい非営利の結婚相談所に入会しました。

入会金は5000円だったかな?めっちゃ安かった。

 お見合いは相手に申し込んでOKが来たらホテルのラウンジで会ってました。お見合い一回につき2000円を付き添ってくれた仲人さんに支払うシステム。

 小山さんは私から申し込み→OKをもらったパターンでした。

 

この人は挙動不審で、目を見て話してくれない人だった。

 なぜか話もうまくかみ合わないし…

どうしたもんかな、と思っていろいろ話を振っていく中で「どうして婚活をされるようになったんですか?」みたいなことを聞いたら、「親戚の手前、結婚していないのが恥ずかしくなったから」、「親が結婚しろってうるさいから」だそうです。

正直すぎるだろ、と思ってやる気が失せてしまい、歯が痛いとかなんとか言って早々に退散した。

ホテルを出てすぐに仲人さんにお断りメール。

 

 

婚活3人目:山野さん

同い年

公務員

年収380万

身長165㎝

長男

 

山野さんは私にお見合いを申し込んでくれたはじめての人でした。

ここまで年上で2連敗していたので、同い年もいいなぁと思い会うのを楽しみにしていました。

会ってみたら優しそうな人で、本当に優しくて、純朴って言葉がしっくりくるような好青年でした。いつもこちらの体調やなんやらを気にかけてくれてうれしかったです。あと、絶対に会計を持たせてくれなかった。あまりに頑ななので笑ってしまったけど、真面目なんだなぁと思って好印象だった。

自分の両親のような夫婦に憧れていて婚活を始めたこと、結婚したら普通の温かい家庭を築きたいと、そばを食べているときに話してくれたっけなぁ。そば、おいしかったな~。

でもでも、山野さんとは2か月ほどで交際終了。

箇条書きで失礼します。

 

・ちょっと頼りない、終始自信なさげだった

・ネガティブ

・コンプレックス多めだった

・私とは結婚への熱量が違った

 

山野さん、いい人だったけど夫にするには少々頼りないってのがすべてかなぁ。

自分に自信がない人ってちょっとめんどくさい。その辺をずっと気を使って、フォローしていくだけの好意が湧いてこなかった。

別れたきっかけも、デートの誘いをいつも私からしかしていないからそちらからも誘ってほしいです、みたいなことをLINEしたら、なんか言い訳めいた?ことを言われ、「あーもう無理」ってなって衝動的に別れたいと伝えました。

翌日、仲人さん経由で「別れたくない」、「悪いとこは直す」って言われたけれど、もう自分たちで連絡先を知っているのに何で仲人さんを巻き込むのか謎だった。

 

あと、彼自身は確かに結婚もしたいんだけど、そこまですぐにとは考えていないのが透けて見えました。それは全く悪いことじゃないんだけど自分との温度差を感じて、そのことをずっと解消できずにいた。

山野さんは私の条件の①と②はクリアしていた。でも、まっすぐ目を見て話してくれないこととか、周りに人が居たり第三者が同席したりすると途端に話せなくなってしまうのが気になりました。

 

交際終了後、条件の項目を追加しました。

 

①自分の親を大事にしている人、親兄弟と仲がいい人

②自分と性の価値観が近い人

③コミュニケーションがきちんととれること

 

 

婚活4人目:山岡さん

3つ年上

正社員

年収500万

身長175㎝

次男

 

山野さんの件でちょっと婚活に疲れてしまったので、しばらく婚活自体をおやすみ。

やる気が復活してすぐにお見合いを申し込みに相談所へ出向きました。

相談所では一度に2人までお見合いを申し込めるのですが、一人目の山岡さんは自分で決められたけど、2人目がどうしても決められない。ピンと来る人がいない。

私はどうしたもんかなぁと思いつつ、だいぶ仲良しになっていた相談員さんに「私に合いそうな人を紹介してください」と丸投げしました。

そして紹介してくれたのが5人目の徳山さん。

 

 

婚活5人目:徳山さん

4つ年上

契約社員

年収600万

身長178㎝

長男

 

徳山さんの仕事は特殊で、よくわからないけど「契約社員なんだけど福利厚生や年収やボーナスの額なんかは正社員と一緒」と説明されました。

退職金はあるのかなぁ、と思いながらもお見合いをお願いすることにしました。

で、翌週に山岡さん、翌々週に徳山さんとお見合いが決定。

 

翌週。

山岡さんは私の婚活史上、最高のイケメンさんでした。

妻夫木聡にめっちゃ似てるー💕動物好きなところも、おばあちゃん想いなとこも、一人暮らしなことも、乗ってる車も、全部わたしの理想だ~💓

話もそこそこ盛り上がって、今度飼っている猿を見せてもらう約束までして帰ってきた。

お見合い後も、夜長電話したりして普通に恋愛できそうなイメージも出来てました。

 

翌々週の徳山さんとのお見合いの日はすごく寒い日でした。

朝、どうにもめんどくさくなって、しかもその時めっちゃ金欠でお見合いの2000円すら出したくないような気分…

しかも山岡さんとだいぶいい雰囲気になっていたので、徳山さんに会いに行く意味あるかな~と思いつつホテルへ向かう。

 

やる気のなさの表れか、ホテルを間違えて10分も遅刻して到着してしまいお見合いの最初から平謝りで本当にグダグダでしたTTごめんなさい徳山さんTT

 

徳山さんとのお見合いはあっという間に終わり、気づくといつのまにか私は家にいて、こたつでぬくぬくしていました。(はしょりすぎですみません。)

こたつでまどろみながら、ぼんやりと「あぁ、今日の相手が結婚相手かもなぁ」と思ったのです。

 

 

一週間後、私は徳山さんと初デートをし、お見合いから3週間がたった頃にはプロポーズされ、「喜んで!!!!」とばかりに前のめりでOKしました。

そして、今。徳山さんは私の旦那さんです。

結婚前に転職してもらって、今は正社員で年収も前よりぐっと上がりました。もちろん退職金もがっつり出る。よかった。

 

山岡さんには、徳山さんとお見合いをした日に電話でお断りをさせていただきました。

今思うとよく当日にそんな決断したな、とも思うのですが、徳山さんが自分の運命の人だとどこかで確信していたと思います。

山岡さんも「そんなすぐに決まるものなの???」とびっくりしてましたが、よかったねと大人の対応をしてくれました。いい人や。

 

山岡さんはすごーくイケメンで、リア充で、特に美人でも人気者でもない私はちょっと気後れして背伸びしてしまうところがありました。

今の旦那さんとは初対面から気負わずに、リラックスして過ごせていたように思います。

結婚生活はきっとすごく長いから、お互いにありのままで楽しい時間をもてることが本当に大切だと思います。

(そういえば、旦那さんには相手に求める条件を確認する前に好きになって交際がスタートしましたが、結果的に全部クリアしてました。)

 

 

以上、私の婚活全記録でした。

日本語が下手ですみません。